秩父札所巡り2番「大棚山・真福寺」御朱印と見どころ!納経所は光明寺

真福寺拝殿正面の風景

「秩父三十四観音霊場」札所巡り!

札所2番は、大棚山(おおたなさん)・真福寺(しんぷくじ)です。

標高665mの高篠山(たかしのやま)の中腹に鎮座する真福寺は無人のお寺で、納経所は光明寺になります。

いただいた御朱印の朱印と墨書きの内容(意味)と納経所(光明寺)について、そして真福寺の歴史や見どころ、
最後に基本情報とアクセス、注意点などをご紹介します。

秩父札所2番「真福寺」の御朱印

いただいた御朱印は、こちらです。

真福寺の御朱印
朱印の意味(右から)

秩父第ニ番印・佛法僧寶(三宝印)・大棚山真福寺印

墨書きの意味(右から)

大棚山・聖圓通尊(聖観音の別名)・真福寺・記帳年月日

真福寺の納経所は「光明寺」

真福寺は、山の中で木々に囲まれひっそりと建てられているが、光明寺は真福寺とはまったく違い、とても迫力のあるお寺です。

立派な光明時拝殿正面の風景

可愛い子坊さんがさしている方向が、納経所になります。

入口には仁王像が睨みをきかせています。

光明寺の入り口仁王像の風景

私は怪しいものではないのですが・・・
境内に入るのに戸惑ってしまいます。

ちゃんと挨拶(一礼)してから入れば大丈夫!

秩父札所2番「真福寺」について

何やら真福寺には複雑な歴史がある様なので、簡単に記録しておきたいと思います。

室町時代に作られたといわれる御本尊は、鬼丸の洞窟に祀られていたのですが、長享(ちょうきょう)1487年~1489年の頃に水害を受け、三十三ヶ所からはずされてしまったが、信者などから復活の要望が強く、三十四ヶ所の札所になったそうです。

江戸初期には現在の地に移り、仁王門などがある立派なお寺だったが、万延(まんえん)元年、1860年の火災でほとんどが焼失してしまったが、御本尊は無事に救い出された。

現在の観音堂は明治41年(1908年)に再建されたものです。

ひっそりとこの地に建てられたお寺のイメージだけでしたが、歴史を確認してみると、色々な人に信仰され、現在の地に建てられている事がわかりますね。

秩父札所2番「真福寺」境内の見どころ

境内の様子を画像付きでご紹介していきます。

何やら歴史を感じる階段の上に建物が・・・

歴史を感じる真福寺入り口の階段風景

しかし、ここは観音堂ではありません。

階段は幅が狭い(帰りは気を付けなければ!)階段を上り左に進んで行きます。

観音像(大棚救世観音像)

穏やかな表情で参道にいる観音像

(とても穏やかな表情でお迎えしてくれています)

山の斜面にお地蔵様

参道山の斜面におられるお地蔵様

お地蔵様の顔(表情)はすべて違うので、ゆっくり見るのもよいと思いますよ。

観音堂

真福寺の観音堂(拝殿)

可愛い小坊主さんが札所2番の番号を持っています。

真福寺の観音堂は「三間四面の入母屋造り!」欄門の龍の彫刻は凄く迫力があるので見逃さないでくださいね。

御本尊の聖観音は室町時代の作といわれており、高さ54.5㎝の一本造りである。

観音霊験記(かんのんれいげんき)

真福寺の歴史を伝える絵馬

観音堂正面の壁(上の方)にあります。

大棚禅師(たいほうぜんじ)が老婆を救った事が描かれています。

禅師が鬼丸の洞窟にこもっている時、そこに祀られている聖観音をたびたび参拝に来る老婆がいた。老婆は帰依して過去をざんげし、竹杖を置いて立ち去った。

あわれんだ禅師が、その供養の為に堂宇(どうう)を建立したのが寺のはじまりといわれています。

竹杖は光明寺に寺宝として残されているそうです。

秩父札所2番「真福寺」基本情報とアクセス

住所:埼玉県秩父市山田3095(光明寺は秩父市山田2191)
お問い合わせ先:0494-22-1832(光明寺)
本尊:聖観世音菩薩(しょうかんせおんぼさつ)
宗派:曹洞宗(そうとうしゅう)

御詠歌

めぐりきて たのみをかけし おほたなの ちかひもふかき たにがはのみず

電車の場合
西武鉄道「西武秩父駅」より西武観光バス定峰・皆野行き「光明寺入口」下車
光明寺へは徒歩5分ですが、御朱印をいただくのなら、先に真福寺にいかなくてはいけません。

光明寺から真福寺は徒歩約45分です。

ちなみに、札所1番「四萬部寺」から真福寺は、徒歩約50分です。

注意

札所1番「四萬部寺」から札所2番「真福寺」そして「光明寺」とても険しい山道と思っていただいてよいと思います。

徒歩の人は、水分補給が出来る様に準備しておきましょう。
車の場合は、道幅が非常に狭いので、徒歩で巡礼されている人に気を付け、安全運転でお願いします。

最後に

秩父札所2番「真福寺」は、ひっそりと静かな場所に建てられ、素朴というか、何となく寂しいイメージがあったのですが、簡単にではありますが歴史を知ると違いますね。
現在の秩父三十四観音の札所に加えられて良かったと思いました。

札所1番「四萬部寺」から札所2番「真福寺」を歩いて巡礼される場合は、巡礼がまだ、はじまったばかりですが自然と歴史を感じながら、ちょっと休憩するポイントに「真福寺」を入れておいてもよいかもしれませんね。

今は、札所2番「真福寺」をお参りもしないで「光明寺」に御朱印だけをもらいに来る人が増えているそうです。
悲しいですね)
札所巡りの意味をもう一度考え、マナーを守り楽しみましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です