秩父札所巡り3番「岩本山・常泉寺」御朱印と境内の様子(子持石を抱きたかった)

常泉寺の正面画像

「秩父三十四観音霊場」札所巡り!

札所3番は、岩本山(いわもとさん)・常泉寺(じょうせんじ)です。

住宅地を曲がったと思ったら、いきなり前方にあらわれるのが、常泉寺です。 いただいた御朱印の朱印と墨書きの内容(意味)と境内の見どころ、基本情報とアクセスをご紹介します。

秩父札所3番「常泉寺」の御朱印

いただいた御朱印は、こちらです。

常泉寺の御朱印
朱印の意味(右から)

秩父第三番印・佛法僧寶(三宝印)・常泉寺印

墨書きの意味(右から)

岩本山・正大悲殿・常泉寺・記帳年月日

御朱印を書いていただいた人が・・・
ちょっと怖そうな人だったのですが、そばで待っていたら話しかけてくださいました。

札所3番目という事もあり緊張していたのですが「ただ御朱印をいただくだけ!」というのではなく、人との出会いを楽しみながら札所巡りをするのも良いですね。

秩父札所3番「常泉寺」境内の様子

本堂は弘化4年(1847年)に焼失し、安政5年(1858年)に再建した。
観音堂は、明治3年(1870年)に秩父神社境内にあった、蔵福寺の薬師堂を移築!

さて、それでは境内をご紹介します。

田園風景の中、山林をバックに静かに建っている常泉寺ですが、少し手前に駐車場があるため、歩いて近づくにつれてドキドキする。

その理由は仁王像が睨んでいます。

常泉寺右側の仁王像
常泉寺右側の仁王像

イヤ!睨んでいる訳ではなく「見守ってくださっているのでしょ?」と思う様にして、挨拶(一礼)してから境内に入ります。

本堂

常泉寺本堂の正面風景

本堂には小坊主さんが出迎えてくれています。
右側の小坊主さんは、秩父札所3番の番号札を持っています。
左側の小坊主さんは、観音堂の方角をさしています。

右手には納経所があるのですが、まずは本堂でお参りをして左に進みます。

長命水

常泉寺の長命水がある場所の風景

本堂から左に進むと、左手に手漕ぎのポンプの井戸があります。

昔、このお寺の住職が病になった時に、夢枕に観音様が現れ「この泉水は万病に効く」というお告げをうけ、泉水を飲んだところ病はたちまち回復した!と伝えられています。

この事を村人にも伝え「長命水」といわれるようになったそうです。

6地蔵と石佛(いしぼとけ)

常泉寺境内の山の斜面にある6地蔵と石佛

右手には蓮池があり、常泉寺の見どころともいわれていますが、私が行った時期には残念ながら何も咲いていませんでした。

6地蔵と石佛は蓮池の奥の崖の下にあります。

その横には・・・

文殊堂(もんじゅどう)

文殊堂の風景

中には菩薩様(ぼさつさま)がいらっしゃいます。

観音堂

石段を上がって見えた観音堂の風景

ここの小坊主さんも、秩父3番(札所番号)を持っています。

観音堂は三間四面で向拝は、唐破風(からはふ)付きで札所1番「四萬部寺」を建てた藤田徳左衛門吉久(ふじたとくざえもんよしひさ)による造営とされています。

一番の見どころとして、向拝の柱を結ぶ龍(海老虹梁)の彫刻「かご彫」は見逃さない様に!

見逃せない観音堂彫刻の画像

御本尊様(聖観世音像)は、立像一本造りで高さが約97cm!室町時代の作だといわれています。

観音霊験記(かんのんれいげんき)

常泉寺絵馬の画像

観音堂正面の壁(右上)にあります。

常泉寺の御本尊様についてとご利益が描かれております。

  • 子持石(子宝、子孫繁栄)
  • 不睡石(眼病平癒)
  • 長命水(難病治癒)

境内には、「不睡石(ふすいせき)」があり、願えば眼病に効果がある!
という伝説の石があるといわれています。

子持石

本堂右の縁側に、常泉寺で有名なご利益がいただける「子持石」があります。

常泉寺で有名な子持石

この石を抱き、願いをかけると子宝に恵まれる!
という言い伝えがあり、子供が欲しいと願う人が全国からお参りに来るそうです。

秩父札所3番「常泉寺」基本情報とアドセンス

住所:埼玉県秩父市山田1392
お問い合わせ先:0494-23-2050
本尊:聖観世音菩薩(しょうかんせおんぼさつ)
宗派:曹洞宗(そうとうしゅう)

御詠歌

ふだらくは いはもとでらと おがむべし みねのまつかぜ ひびくたきつせ

電車の場合
西武鉄道「西武秩父駅」より西武観光バス定峰・皆野行き「山田」下車徒歩約10分

秩父札所2番からは、徒歩約50分といわれています。

最後に

常泉寺はアジサイも有名で、6地蔵が鎮座する崖の斜面や、本殿から観音堂にむかう途中には、たくさんのアジサイが植えられているそうです。
アジサイが咲く時期に巡礼するのもよいかもしれませんね。

心残り・・・
秩父札所3番「常泉寺」で本当は、子持石を抱っこしてみたかったな!と思ったのですが、残念な事に、今の年齢で子宝に恵まれてしまうと大変なので、眺めるだけにしておきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です